うつ病かもと思ったら診断を

現代病ともいえる身近なうつ病の脅威|定期的にうつ診断を受けよう

身体にも症状は現れる

看護師

うつ診断での判断基準では、精神的な症状だけでなく、身体的な影響についても調べます。睡眠障害や食欲の変化、身体に現れる痛みや性欲減退など当てはまる症状が多ければ、うつ病の疑いが濃厚となります。

詳細を確認する

誰でも罹る精神病

カウンセリング

現代人は、社会生活を行なっていると仕事やプライベートなど、さまざまな場面でストレスを感じるようになるものです。多くの人は精神的に感じたストレスは一過性のものだと考えるでしょうが、実際にはストレスは徐々に蓄積していくものです。知らないうちにたくさんのストレスを抱えてしまい、うつ病に陥ってしまう人は多くいるのです。誰もがうつ病に罹る原因として挙げるのが、大きな事故や出来事による影響です。事故や病気によって体に深刻な問題が現れた人や、親しい人を亡くしてしまった人、または失恋や友人とのケンカによる問題や、仕事上での失敗や上司と同僚との不和など、さまざまな要因が挙げられるでしょう。しかし、こうした直接的な原因がない場合でも、日々の小さなストレスが蓄積することで、うつ病などの大きな問題へと発展することもあるのです。性格的に反りが合わないパートナーと一緒に暮らし続けることでのストレスや、不満の多い仕事を日々淡々と行なうことでのストレスなど、誰しも感じることがある小さなストレスが、うつ病を引き起こす引き金になる場合もあります。うつ病は気分障害とも呼ばれるため、単なる気持ちのたるみや甘えが原因だと考える人は大勢います。しかし、実はそういった考えを持つ人がもっともうつ病に罹るリスクが高いのです。常に自分を律し、自分にも他人にも厳しい考えを持つ人は、体や精神面での負担を感じていても、気合でなんとかなると考えて症状を放置してしまう傾向があります。精神的な病は放置しても治ることはありません。このような人は心身への痛みや負担を感じたとしても自分が悪いのだと思い込み、自分自身を追い詰めることで症状を悪化させてしまうのです。うつは二次障害として、高血圧や高血糖、さらには免疫力の低下といった症状が現れるとされています。放置すると心筋梗塞や脳卒中、糖尿病や癌など、さまざまな病のリスクを大幅に増加させます。自覚がない人の場合、知らない間にこうした病が進行することがあるため、最悪突然死などによって命を落とす可能性もあります。日々健康に暮らしたいと考えるなら、健康診断などで自分の体の調子を検査するだけでなく、メンタル面の検査やうつ診断を定期的に受ける必要があるでしょう。

うつ病は気分障害の一つであるため、うつ診断を行なう場合、日頃の精神状態を調べる必要があります。一般的なイメージとして、うつ病に罹った人は常にネガティブな気持ちや考えを持っているだけだと考えるでしょう。そのため気持ちを切り替えれば治ると安直に考える人もいますが、そういった方法で簡単に治すことはできません。うつ病に罹った場合、体がだるくベッドから一歩も動けないほどの強い倦怠感を覚えることがあります。また、著しく意欲が減退してしまうことで、大好きだった趣味にも一切手をつけなくなってしまいます。常に苛立ちや焦燥感を覚えることや、不意に強烈な自殺衝動を覚えるなど、精神的な不安定さが顕著になるのです。これらの症状は単に後ろ向きな性格をしているからという問題から逸脱しており、複数当てはまる症状が見つかればうつ診断でもうつ病だと認定されます。ネットや書籍でのうつ診断で、当てはまる傾向が見つかったなら、専門のクリニックで医師からの診察を受けておきましょう。

女性が高いうつのリスク

男性

男性に比べ、女性はうつ病に罹るリスクが高いといわれています。ホルモンバランスの乱れによって心身に負担が現れることや、会社での業務や育児による問題によりうつに罹ることがあるのです。うつ診断を行なうクリニックでは、一つ一つの原因を調べ、治療方法を選定します。

詳細を確認する

機器を用いた先進検査法

ウーマン

うつ病などを調べるクリニックの中には、うつ診断ができる最新の機器を用いての検査も行ないます。光トポグラフィー検査機器を使用すれば、脳の血流量を調べてうつ病に罹っているかを調べられます。問診による結果と合わせ、正確な診断を行なえます。

詳細を確認する