女性が高いうつのリスク|現代病ともいえる身近なうつ病の脅威|定期的にうつ診断を受けよう
レディー

現代病ともいえる身近なうつ病の脅威|定期的にうつ診断を受けよう

女性が高いうつのリスク

男性

通常、うつ病の多くは職場やプライベートにおいて長期間精神的な負荷が与えられたことで引き起こされます。しかし、うつの中にはホルモンによる影響で罹患してしまうことがあります。うつ病は誰でも罹患しうる病ですが、特に女性がうつに罹りやすいとされています。女性は男性よりもホルモンの影響が心身に強く現れるので、うつ病の罹患リスクも男性よりはるかに高いのです。女性へうつ診断をする際、専門のクリニックでは、ホルモンバランスの乱れについても調べます。精神的なイライラや不安感が長期間続いているかといったことや、月経周期の遅れなどの身体的な変化を調べることで、正確なうつ診断を行なうのです。

女性にうつ病が多い理由として、社会的な負担による問題も挙げられます。現代の女性は昔に比べて社会進出の機会が増えたため、好きな仕事を選んで働くこともしやすくなりました。しかし、男女の雇用が均等になされたために、女性への配慮が薄れてしまい身体的な負荷が増えることもあるのです。前述したホルモンバランスの乱れによって体に不調が現れたとしても、病気に罹っているわけではないので、体に重い負担を感じながら仕事を続けなければならなくなり、強いストレスが与えられることとなります。また、女性は結婚や出産によって寿退社することもあり、会社側がそういった理由で辞めることを常に非難するなど、働いている女性にプレッシャーを与えることもあります。出産育児に関しても強いストレスが与えられます。一昔前であれば、生まれた子どもの世話は夫婦の両親が行なうほか、近所の人も手伝ってくれるため、育児に関する負担は少ないものでした。しかし現代では核家族化が一般的になり、両親に子どもを預けず24時間つきっきりで子どもの世話をする女性も多いのです。周りからの支援も得られず、夫も仕事で育児に参加ができないので、育児によって次第に精神的に追い詰められ、子どもに虐待をする女性やうつ症状によって倒れてしまう女性が多いのが現状となっています。

女性へのうつ診断では、ホルモンバランスの乱れによる問題か、社会的な負担による問題かを調べることができます。うつ診断による結果を出したあと、クリニックでは原因ごとの対処を行ないます。ホルモンバランスの乱れが原因であれば、ホルモン注射によって欠乏した女性ホルモン量を補う治療を行ないます。注射以外にも、漢方薬や女性ホルモンの効果を高める薬剤の処方により、こうした問題に対処してくれるでしょう。社会的な負担が原因である場合、クリニックの医師はカウンセリングによって問題の洗い出しを行ない、どのように対処するべきかを患者さんと話し合ってくれます。ストレスを軽減するための対処法を見つけて実行すれば、うつ症状の改善と再発防止に役立てられるでしょう。育児による問題に関しても、クリニックでは育児経験のある女性の医師が相談に乗ってくれます。自分ひとりで抱え込んでいた不安や悩みを吐露することで、精神的な負担を軽減し、うつ症状を和らげることができるでしょう。